中華麺を冷やしでいかが

中華麺を冷やしでいかが

このごろ、中華麺を使った「冷やし」モノに凝っている。

代表的なものといえば、冷やし中華だろう。私はゴマだれのコクのあるタイプが好きだ。

うちでも便利な生麺のセットを使っている。麺をゆでて、付属のタレを回しかけていただくやつ。これはセールだと3食で250円ぐらいで買えてなかなか経済的でもある。

これにうちでは茹でた鶏胸肉をさいたものときゅうり、ちくわの千切りをのせるのが定番だ。錦糸卵がついてこないのは上の息子と旦那が軽い卵アレルギーで(発作がおきるようなことはないし、ほぼ完治しているのだが)卵嫌いだからだ。

ポイントはタレで、付属のタレは少し物足りないので、ゴマをすり鉢ですりそこに付属タレをそそいで豆板醤と味噌少量を足してのばしたものを使っている。さっぱりとして、うまい。

他にも、そばのように中華麺を食べる。

つけだれは和風のゴマドレッシングを利用することが多い。これにだし醤油をたしてショウガのすりおろし少々をたし、ネギをたっぷり入れる。あとは茹でた麺を冷たい水でしめて、ざるにあげて出来上がり。

じゃあじゃあ麺タイプも大好物。特に子供たちには受けがいい。

私は豚ひき肉とねぎをいため、あれば椎茸などの残り野菜もみじん切りにしてショウガとニンニクと一緒に炒める。ひき肉の色が変わったら赤みそか甜麺醤をいれ、砂糖を多目、水か酒少々をいれてあとはひたすら木べらでかき混ぜて煮詰める。冷やしたこの肉をたっぷり、中華麺の上にのせてキュウリとネギの千切りも山盛りのせる。

ボリュームもあり、肉味噌の甘みもよく、けっこうなものだ。ちなみに生麺タイプのセットものでもじゃあじゃあ麺はあるようだが、付属の肉味噌があまりに「肉なし味噌」(肉っけがほんのちょっぴりなのだ)でガッカリするので一度使っただけでそれきりだ。

そばも、そうめんも、うどんも、それからパスタも好きだ。

要するに麺好きなのだろう。でも冷やした中華麺の喉越しというか、しこしことしてツルツルとした、わりとしっかりした風合いがいい。そばやうどんは割合と値段に正直でいいものを買わないと「ん? いまいち?」ということもあるが、中華麺はそういうことがあまりないのもいい。

3食、2食の生麺セットはコンビニでも買えるし、特に冷やし中華として売っているものは安い。これを手作りの肉味噌をのせたり、つけ麺タイプにしたりと応用すればかなり安上がりにできる。

ぜひ、暑い夏に中華麺の「冷やし」をどうぞ。

新型ワゴンRスティングレー

日焼け止めの大切さ

先日連休でプールと海に連続して家族で出掛けたときのことです。昔は日差しのことなんか全く気に返さずに日焼けをしていた私ですが、30代の半ばを過ぎ出産も経験して今では母親として生きているのですが、ここにきて自分の体のシミのことについて気になり始めました。

一般的に、体に出てきたシミは、 10年前の日差しを浴びたものの表れと言われています。自分の体にたくさんでてきたわけではないのですが、所々少し昔とは違う身が現れたなあと感じることが増えてきたので、プールや海に行くときだけにかかわらず、日ごろからちょっとした外出の時でも特に腕などは念入りに日焼け止めを塗るように心がけています。

しかし、日ごろから子育てに追われ出かける準備もバタバタとしていると、自分のことに手を焼いている暇がなくうっかり日焼け止めを塗り忘れて出かけてしまうこともしばしばあります。

毎朝子供の幼稚園のバス停まで歩いて送るのですが、10分ぐらいの時間なのに表に出て日差しを浴びた途端、家がじりじりと焼ける感じを受けるのです。朝の8時過ぎでこの感覚は本当にびっくりします。そして、そんなじりじりとした日差しを体に受けながら、日焼け止めを塗り忘れてしまったことに気づく毎日です。

私はそれほど美白にこだわってはいないのですが、シミになるのはやはり嬉しいことではないので、できるだけ努力して日焼けをしないようにしたいと考えています。自分の腕も足のももに重ね合わせてみると、白と黒にくっきりと明暗が分かれているのです。これは見た目にも美しいものではないので、本気で明日から気を付けないといけないなと毎晩思うのです。

しかし、一番気をつけなくてはならないのが、顔のシミを意識しすぎておしろいを白く塗りすぎて、顔の色と首を始めとする体の色が全然違う人にならないようにすることです。これは、自分でも意外と気づきにくい盲点だと思うので、仲の良い知人にもしおかしかったら言ってくれと頼んでいるほどです。

紫外線はよくないに決まっているのですが、あまり神経を使いすぎて心身ともに疲弊してしまっては何の意味もないと思います。ですから、自分のできる限りの日焼け予防をして、その上で日焼けしてしまった部分については致し方ないと思うようにしています。

毎日このようなことを考えているのに、プールに行って帰ってきた私の背中はやはり真っ赤になってしまっていました。どうやら背中に日焼け止めをしっかりぬれなかったようです。


2012 中華麺を冷やしでいかが